北海道情報大学
国際医療福祉大学
藤田保健衛生大学
鈴鹿医療科学大学
川崎医療福祉大学
広島国際大学
東亜大学

事業の概要

目的

  • 7大学が連携し、コメディカルを目指す学生の学士力向上と社会人になった時に即戦力となる人材の養成を目的とします。

事業内容

  • 教育用電子カルテシステムと模擬患者の診療記録を蓄積する教材データベースを開発し、各大学に於いて、仮想専用回線による授業を行い、評価します。
  • 電子カルテは、複数メーカのシステムを用意し、ターミナルサーバ又はワールドワイドウェブ方式で使用できるようにする予定です。
  • 各学科の学生が、電子カルテを用いて模擬患者の診療記録を入力し、情報共有や、伝達の即時性などを学びます。

期待される効果

  • 電子カルテと模擬患者教材を用いて、他職種への理解を深め、チーム医療の一端を学ぶことが出来ます。
  • 本プログラムで開発する教材と教育法の有用性を確認して、同種の他大学等へ普及を図ります。

事業の評価

  • アンケートや授業の成績、グループワークの適切な対応などで学生と本事業を評価します。また、卒業生の就職した病院等にもアンケート調査を行って、本事業を評価します。