ホーム > 連携の取組 > 鈴鹿医療科学大学

連携の取組

国際医療福祉大学
北海道情報大学
藤田保健衛生大学
鈴鹿医療科学大学
川崎医療福祉大学
広島国際大学
東亜大学

鈴鹿医療科学大学

ホームページへ

チーム医療を支える「電子カルテシステム」

本学では、4学部8学科で医療分野の各種スペシャリストを目指す学生を育成しています。医療のICT(Information and Communication Technology)化が進められつつある今日、電子カルテはチーム医療を支える大切なシステムと位置づけられましょう。

このたび電子カルテ実習システムを整備し、医療情報システムを管理運営する医療情報技師や診療情報管理士、さらに診療現場で電子カルテを扱い業務をこなす診療放射線技師、管理栄養士、理学療法士、社会福祉士、臨床工学技士、はり師・きゅう師、薬剤師、などチーム医療を担うコメディカルスタッフのICT教育を実現します。

電子カルテ実習環境の整備

内科系の模擬患者診療録を作成し、各医療職を目指す学生達が電子カルテとはどのようなものか学べる環境を整えます。さらに各医療専門職の人達が職能に応じて電子カルテにアクセスし入力できる環境を整えます。なお、作成した診療録は教材データベースに登録し7大学間で共用されます。

電子カルテを用いた授業の検討と実施

模擬患者診療録を使い、仮想病院での診療の過程で、診療情報の取り扱い、電子化、他職の業務の理解、情報共有、蓄積された診療情報の活用等を考え学ぶことができる授業を行います。

まず医療情報技師や診療情報管理士を目指す学生達で実習を開始しますが、さらに各学科の学生実習に順次拡大して行きます。

ページの先頭へ戻る