ホーム > 事業の成果

事業の成果

平成26年度

平成26年04月16日
教育用電子カルテシステム共同利用協議会 平成25年度 講習会の開催及び学会発表等の活動についてお知らせします。

「模擬診療記録とその活用の仕方」 講習会:平成25年9月7日
第33回医療情報学連合大会 平成25年11月21日~23日:神戸
第39回日本診療情報管理学会学術大会 平成25年9月5日-6日:つくば
など
詳しくはPDFをご覧ください。

平成26年度

平成25年03月27日
教育用電子カルテシステム共同利用協議会の学会発表等(平成24年度)についてお知らせします。
第32回医療情報学連合大会 平成24年11月15日:新潟
第32回日本診療情報管理学会学術大会 平成24年9月6日-7日:名古屋
ほか
詳しくはPDFをご覧ください。
平成24年04月04日
コメディカル養成のための教育用電子カルテシステムおよびデータベースの構築と実践
「平成23年度研究報告書」
を発行しました。
PDFでもご覧いただけます。

平成24年度

平成23年7月17日
第12回日本医療情報学会看護学術大会において、以下の論文を発表しました。
「電子カルテシステムを活用した看護学生教育の構築と実践」
平成23年7月17日 神戸市 神戸商工会議所会館

平成23年11月24日
平成23年11月21日・22日・23日
第31回医療情報連合大会(第12回日本医療情報学会学術大会)において、以下の論文を発表しました。
【一般口演】
コメディカル教育向けの電子カルテシステム教育支援システムの開発
コメディカル養成のための電子カルテを用いた医療情報活用教育
電子カルテを用いたコメディカル教育の用語理解についての予備的検討
実践的な医療教育用電子教材の開発-チーム医療教育と模擬患者診療記録-
WEB型電子カルテシステムの構築と授業への活用
【シンポジウム】
「教育用電子カルテを用いた、より実践的な教育の可能性を探る」
座長:外山比南子(国際医療福祉大学)
   若宮俊司(川崎医療福祉大学)
ベンダーの立場からみた学生教育と今後の電子カルテのあり方について
電子教材(模擬患者)を用いて、複数の学科を対象にしたチーム医療教育
ロールプレイングを取り入れた電子カルテ授業の実践-診療業務の流れを理解する
電子カルテを活用した医療情報技術者教育
他職種がよめるように書くこと他職種の記録を理解出来ること~病院情報システム(電子カルテ)を使いこなすための注意~
模擬診療記録の作成と意義
平成23年11月01日
第37回 日本診療情報管理学会学術大会 
(平成23年9発29日30日 福岡)において、
下記の論文を発表しました。
「診療情報管理し教育に役立つ模擬患者診療記録の作成と活用」

平成23年度

平成23年03月25日
平成22年度の事業内容と研究報告会の内容がまとめられています。
平成22年12月01日
平成22年11月19日・20日・21日
医療情報学会学術大会において、以下の論文を発表しました。
電子カルテを用いた教育のための教材データベースの開発―7大学連携による戦略的大学教育改革支援プログラム
チーム医療教育における電子カルテ利用時に使用する授業用手順書の作成法
大学関連携による電子カルテシステムの教育向け拡張
コメディカル養成のための電子カルテを用いた医療情報教育とその評価
電子カルテ実習教育における講義映像配信環境の整備
平成22年09月21日
2010年9月13日  以下の論文を発表しました
Inter-unive rsity clinical informatics education program for co-medical students

Hinako Toyama(a, Jun Nishihira(b, Michio Naito(c, Tetsuo Kawamura(d, Shunji Wakamiya(e, Norio Sasagawa(f and Akikazu Tamaki(g
a)International Univ. Health and Welfare, b)Hokkaido Information Univ, c)Fujita Health University, d)Suzuka University of Medical Science, e)Kawasaki Medical Welfare Univ., f)Hiroshima International Univ., g)University of East Asia

平成22年度

平成22年03月24日
平成21年度事業内容と研究報告会の内容がまとめられています。

ページの先頭へ戻る